メール7通、電話14本でわかったこと。九州で桃農家になることはできない。

九州での桃生産量1位の市町村は福岡県のうきは市です。

そして

九州での桃生産量2位の市町村は福岡県の朝倉市です。

 そして

この二つの市は隣り合っています。

 

つまり九州で桃を生産している地域はここだけです。

 

個人的に数本桃の木を持っている農家はちらほらいるんでしょうが地域ぐるみで桃を特産としてやっている地域はここだけです。

 

そして桃農家として新規研修を受け入れている農家はありません。

 

あー

 

ないか・・・

 

そうか、ないのか。

 

基本的に新規就農の研修型助成金を使うためには指定農家もしくは農業大学校等の指定教育機関への通学通勤が必要です。

 

そして九州の農業大学校に桃のコースはないし、九州に研修を受け入れる桃の指定農家はありません。

 

残る道は

助成金を受けずに

自費で農地を買って

自分で桃の育て方を勉強して

自分で売る

のみです。

 

実質不可能です。

桃栗三年というように、全部自分でやるためにはまず植え付けから初回収穫までの3年間の無収入に耐える資産が必要です。

その時点で無理です。

 

・・・はぁ

 

今日のまとめ

「九州で桃農家の新規就農は不可能。」